生命保険のタイプにより異なる満期の捉え方

生命保険には、満期という概念があります。低金利のマイカーローン

そして生命保険には、様々なタイプがあります。

そのタイプというのは、満期の有無が関係してくることがあります。

例えば満期が、65歳と設定されているとします。

そして65歳までに死亡してしまった場合、保険金が支払われるタイプのものがあります。

定期保険というものが、それに該当します。

それと65歳になった時に、保険金が支払われるタイプのものがあります。

つまり満期到来時に、保険金が支払われるタイプのものが有るわけです。

このタイプは、養老保険と呼ばれます。

なお前者の定期保険の場合は、66歳などに死亡した場合には保険金は支払われません。

満期以降は、支払われないタイプとなります。

それと満期が無いタイプのものもあり、一生涯にわたり保障が続く生命保険もあります。

終身保険と呼ばれるタイプになります。

このように満期のタイプというものは数種類が存在するわけであり、なおかつ満期が無いタイプの保険なども存在するという訳です。

コンテンツメニュー

    Link