車での事故のケースで

自動車事故は、あなただけの事故と誰か他の人が巻き添えになった自動車での事故がございます。ペットショップ 横浜

自分だけの事故の場面では自分自身が処理をしてしまえば終わりますが、別の人を含めた自動車での事故は各々にどれくらい過失があるのかを確かめて、この状況によってマイカーの修復費や示談金が確定しますので、自動車保険会社の担当の方と一緒のやり取りが欠かせません。エマルジョンリムーバー

大部分の自動車での事故状況でそれぞれになんらかの落ち度がある場面が一般的で片方だけの過失を追及する時はほとんどありません。

もちろん信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視などはかなりのミスになりますが、被害を受けた人であっても間違いがあると言われます。

車での事故のケースではどのドライバーのミスで起きたのかという結論が物凄く大事になってくるので、これを分かりやすく表現したものが《過失割合》です。

仮定として、赤信号無視や一時停止で止まらなかった条件であるならば、道路交通法上100%落ち度があるように考えられますが、事故を起こした車が前からこちらに向かってきていて自分の目で確認された時だったとしたら事故の被害者でも注意不足であったとして1割りぐらいの手落ちがあると認められる可能性もあります。

つまりこの場合では事故を起こした人が9割自分が1割過失の割合となって責任が大きいとそれだけの手落ちが問われたりします。

またこの過失の割合それ以前の自動車の事故の判例をものさしとして結論をだされる状況が大部分で、日弁連交通事故相談センターから明示されている基準などがベースとして利用されています。

このような過失割合で、数値が高ければ手違い結果として損害賠償金も大きくなると判断されるので話し合いは当事者だけでなく車の保険屋さんの担当の方と一緒にちゃんとやり取りすることが大事です。

コンテンツメニュー

    Link