このようなときには

自動車の【全損】とはその名称が示すように自動車のすべてが故障したこと結論として走行出来ない等移動手段として働きを果たせなくなった時に使われますが、乗用車の保険での《全損》は多からず異なる意味があったりします。

乗用車の保険のケースでは自動車が破壊された場合に『全損と分損』というように2つの状態振り分けられ、《分損》は修復の費用が補償金でおさまる事を指し、全損とは修理のお金が補償金より高い状態を表します。

車の修理で全損というとエンジンに修復できない打撃を受けたり、フレームが変形して修繕が不可能な場合、リサイクルか処分と決められるのが一般的です。

交通事故が発生して販売会社や車の保険会社が必要な修理の費用を見積もった状態で、いくら外観がきちんとしていて修復が可能である時でも修理費が補償金よりも大きかったら何のために保険に加入しているのか分からなくなるでしょう。

このようなときには、『全損』と判断して自動車の所有権を保険会社へ引き渡して補償金を頂くシステムとなっています。

当たり前ですが長い年月連れ添った自家用車でこだわりがあり自分のポケットマネーで修復して所持したいという人間は多数いますから状況にて車の保険の会社と確認しあうといいと思います。

そして、 自動車保険にはそういう事態が考えられていて特約等の全損の時のための特約が設けられているケースがあり、不幸にも自家用車が『全損』なった時でも新しく車を買う等必要費用を一定分補償してくれる時も存在したりします。

尚盗まれた場合の保険金の特約をつけているならば盗難にあった自動車がなくなった時でも(全損)と判断され保険金が払われる決まりになっているのです。

コンテンツメニュー

    Link